賃貸仲介手数料を削る裏ワザ

お部屋を契約する際にはいろいろとお金がかかってきてしまいますから、少しでも安く抑えられるところは安くしたいと思うところです。不動産にかかってくるお金はいろいろとあるのですが、中でも仲介手数料を安くすることができないかと言うことで悩んでいる人もきっとたくさんいらっしゃることでしょう。

 

仲介手数料と言うのはそもそも、値下げをしてほしいとお願いできるものなのでしょうか。不動産会社としては、店の売り上げにもかかってきますし、安くせずにその金額でお願いしたいと思うことでしょう。なお、仲介手数料については、宅建業法と言う法律でも定められているとおり、借主としては、賃貸契約が成立しているならば払わなくてはならない料金と言うことになってしまうのです。

 

しかしこの法律で定めているところを見ますと、上限が書かれていますが、ある程度不動産会社が決められる、自由度のある部分もありますから、この不動産会社の仲介手数料は高すぎるなと思った場合は、複数の不動産会社に行ってみて、仲介手数料を見比べて、一番安い所と契約するという方法もあります。

 

値下げ交渉をしてみることによって、少し下がるということも考えられますが、その不動産会社の方針で計算式を作っている場合は難しいかもしれません。欲しい物件が確実に決まっていて、その物件を取り扱っている不動産会社が近所に複数あるという場合には、いろいろと足を向けて、値段を聞いてみるというのも、安くあげるポイントです。