引越しにかかるお金の話

あらかじめ初期費用を用意しておきたい

お部屋を借りるのには、初期費用や敷金、礼金など、思いのほか費用がかさんでしまいます。数万円、数十万円単位になってしまいますので、決して安いお買い物ではありません。賃貸物件を借りるにしても、あらかじめ初期費用を用意しておきたいですので、やはりまとまったお金がなくはなりません。

 

賃貸物件によっても家賃は変わってきますから、物件選びがまずはポイントになりますが、賃貸にかかるお金の内訳はどういったものになるのでしょうか。内訳としては、敷金、礼金、仲介手数料、初期費用として二か月分の家賃が必要となってきます。また、不動産会社に支払うわけではありませんが、引っ越し費用も別途必要になってきますので、そちらも用意しておかなくてはいけません。

 

賃貸物件にかかるお金はだいたいどれくらいになるかと聞かれても、その土地や物件そのもののお値段、価値などでずいぶん開きが出てしまいますので一概には言えない金額になります。首都圏と地方でも差が出てきます。たとえば首都圏を例にあげますと、賃貸物件を契約するにあたって、だいたいその物件の家賃の半年分くらいは用意しておいた方がよいと言われています。

 

内訳として、敷金礼金を各二か月分、仲介手数料を一ヶ月分、前家賃として一ヶ月分と捉えておくと良いでしょう。
物件によりけりですし、敷金礼金や仲介手数料の関係は、その不動産会社が決めているので、どういった方針でやっているかによって金額も変わってきます。