仲介手数料の仕組みを知る

賃貸物件の契約にかかる費用の中で、敷金礼金や仲介手数料などのよくわからない言葉ばかり出てきて、どういったものか理解できない、と首をかしげている人は多いでしょう。ここでは仲介手数料について、詳しく説明していきます。賃貸の仲介手数料というのは、どういったものなのでしょうか。

 

これは、払わなくてもいいのでしょうか。それとも絶対に払わなくてはならないものなのでしょうか。答えとしては、払わなくてはいけないものとなります。では、詳しく見ていくと、この仲介手数料はどんな費用なのでしょうか。

 

まず、不動産の売り買いのことをイメージしてください。不動産を売りたいと思っている人が、自力で買い手を見つけることは難しいことです。個人が、不特定多数の人に向けて、この物件を買ってください、魅力的ですよ、と声高に叫んだとしても、たくさんの人に伝わるということは考えにくいものです。

 

反対に、賃貸物件を買いたいと思っている人がいても、自力で物件を探すことは難しいでしょう。その仲介役を担ってくれているのが、不動産会社です。そこで生じた契約成立に関して、売り手側、買い手側ともに仲介手数料を払わなくてはならないということです。不動産会社を媒介しているという意味で、媒介手数料と言う言い方をすることもあります。

 

宅建業法と言う法律によって、これは定められています。ですので、契約が成立した場合には払わなくてはいけないですが、成立していなければ払わなくてよいものです。例えば買い手側が物件を調べに来て、どういった物件があるか情報を出してほしいと依頼し、調べただけであれば、何も仲介手数料は発生しないということになります。